• ホーム
  • 自分の責任で薬を通販購入

自分の責任で薬を通販購入

「いいね」をしている男性

医薬品というのは、病気を治療するなどのプラスの効果が期待できる反面、その効果が身体に対して負担になることもあり、これが副作用となってあらわれます。
このようなことから、薬剤師などの専門職が店頭でいちいち説明して、そうした副作用のリスクを少しでも減らすことが不可欠であるとの考えから、厚生労働省では長らくインターネットなどを用いた医薬品の通販をきびしく規制してきました。
ところが、最高裁判所の判決によって、こうした規制は法律に直接もとづかない行政サイドの恣意的なもので無効であるとの判断が示されたため、現在では多くの一般用医薬品の通販が解禁されています。
そのほかにも、国内で承認されていない医薬品、例えばED治療薬のバリフのようなものについては、当然国内では流通していないため、個人で少量だけを海外からの通販で輸入するという方法も認められています。
このように、医薬品の通販を巡る状況は、最近大きな変化を見せていることから、ますます購入者としての自己責任が求められるようになってきています。
特に、バリフのような国内未承認医薬品については、承認済みの医薬品と違って、医師が有効成分や副作用の対処方法などに関する情報にアクセスする手段がとぼしいことから、もし副作用があった場合には、病院で診断をしてもらっても、適切な措置がとられない可能性があります。
また、ED治療薬バリフのように、世界的な人気がある医薬品は、ニセモノがかなりの頻度で流通しているため、海外からの通販では、騙されて泣き寝入りといった場合も多いものです。
ニセモノの服用による健康被害も確認されており、信頼に足る業者選びなどもすべて自己責任の範囲として念頭に置く必要があります。

サイト内検索
人気記事一覧