バリフ

バリフはどうやって買う?購入経路について解説

バリフをインドで製造された後発品です。そのため、国内では入手が困難です。しかし、個人輸入代行サイトを使えば、簡単に通販できます。

バリフは国内未承認薬

レビトラジェネリックのバリフは、日本国内の病院だと買えません。バリフを開発したのは、ムンバイに本社があるインドのAjanta Pharma社です。Ajanta Pharma社は、いわゆるインドジェネリックを製造会社。

バリフは価格の安さから世界的に注目を集めていますが、安いには安いなりの理由があり、それこそが日本で流通していない原因なのです。バリフが国際特許未承認で製造された薬で、特許切れがまだ先の日本では正規に流通できません。

日本では、先発薬レビトラの製法が2003年に出願され、満了日を迎えるのは20年後の2023年となっています。バリフは現在承認を受けて製造、販売されているレビトラの後発品はないのです。

つまり、オリジナルのレビトラは承認済みで問題なく流通していますが、後発品の方は未承認で、オリジナルの権利を無視して造られている状況です。

そのような薬は、病院で取り扱うわけにはいけないので、診察を受けたりEDと診断されても、正規のルートで処方できません。もし、日本国内で取り扱っている病院があるとしたら、未承認を承知の上で独自に個人輸入して、処方を行っていると考えられます。

インドは、国際特許が及びにくい国です。比較的製造の自由度が高いことから、インドジェネリックのように後発品が溢れる大国になっています。その為、先発品の発売から間もなく早い段階で販売される後発品は、インドジェネリックということが多いです。

バリフは一般的な通販では買えない

バリフは日本国内では未承認で病院の処方が受けられません。しかし、海外通販であれば個人輸入の形で購入や入手ができます

日本での取り扱いはないので、Amazonや楽天では買えません。しかし、これらに近い感覚で注文することは可能です個人輸入代行サイトは、日本語表記で日本円の支払いにも対応しています。また、一般的な通販と変わらずクリック操作で簡単に発注できるのです。

後は注文を確認するメールを受け取り、指定の方法で支払うだけで、発送された後に10日ほどで日本に届きます。

Amazon、楽天などでバリフの取り扱いがない理由は、未承認かどうかよりも処方薬という点が大きいです。

また、この傾向は海外の通販も同様ですから、一般向けのサイトでは取り扱いはないと考えるのが妥当でしょう。

医薬品の個人輸入は、本人の責任において認められています。また、知名度や信頼のあるサイトなら安心して購入できるでしょう。

それに、バリフのような後発品は先発品よりも安いので、少量でもお得感が違います。また、まとめ買いをすると更に差が広がるのです。

ED治療薬は、継続的に使用するのが基本なので、1錠あたりが高額な先発薬は家計の負担に直結します。しかし、1錠の単価がとても安い後発品であれば、手間はかかるとしても個人輸入を検討してみる価値があるでしょう

薬によっては半額以下も珍しくないのが後発品で、個人輸入のメリットは無視できません。

バリフは個人輸入で購入できる

国内だと承認されないことから流通がないバリフですが、いわゆる海外通販の個人輸入なら購入できます。

個人輸入は、使いたい商品を本人が海外の通販サイトに発注するもので、輸入代行で購入可能です。海外通販といっても、日本向けの輸入代行サイトは日本語。商品の説明も注文や問い合わせも全て日本語なのです。

個人輸入を選んで発注を済ませると、注文完了のメールに商品や価格に支払い方法の記載があります。後は、支払い方法の案内に基づいて代金を納入次第、確認が行われて発送作業に入ります。

輸入代行は、注文者に変わって発注する仕組みなので、商品を取り寄せたり発送までに時間がかかります。海外から発送されるので、当然ながら1週間以上の日数を要することも珍しくないです。しかし、国内で買えない商品が手に入ります。

しかも、価格が安く承認済みの先発品と同等の成分と、明らかに病院の処方薬にはないメリットが存在します。特許満了がまだ先で承認に時間を要するバリフも、輸入で取り寄せれば普通に買うことができるのです。

個人輸入の場合、他人に譲渡できない、あるいは転売が不可能などの制限はあります。しかし、それでも多くの人が入手不可能と諦めかけていたバリフが手に入るのは確かです。

入手性や信頼性でいえば病院の処方薬の方が上ですが、ED治療薬の選択肢が増えると考えれば、かなり魅力的な選択候補になるはずです。