バリフ

バリフの併用禁忌・併用注意薬について徹底解説

バリフには併用してはならない薬があります。また、持っている疾患によっては、服用できません。バリフと頭痛薬は併用して構いませんが、グレープフルーツは併用してはいけません。

バリフの併用禁忌薬を解説

バリフは併用できない禁忌薬が多いため、何か薬を飲んでいる方や、持病がある方は注意が必要です。

事前に確認して自分に合っているかを判断してから購入しましょう。しかし、逆に言うと正しく使えば問題なく、それだけしっかりと働く成分が配合されているということでもあります。

バリフは、バルディナフィル塩酸塩が主成分です。ルールを守って服用すると副作用が少ない安全性を保てます。一緒に服用するとリスクがあがる薬としてはHIV治療薬や内服タイプの抗真菌薬です。また、不整脈を整えるクラスIA抗不整脈薬やクラスIII抗不整脈薬も避けましょう

不整脈の治療をしている人は、心機能にも影響が強すぎるリスクが出てきますから細心の注意を払いましょう。また、服用している方もいる高血圧の薬も併用は不可です。

これらを一緒に服用すると、体に予期せず作用が働いたり、強すぎる働きで負担が出てしまうのでリスクがあります。

また、時間をおいてそれぞれ服用すれば大丈夫ということはなく、成分は体に長く残るので使用している限りは危険はあります。これ以外薬でも不安があるなら、事前に医師に相談することが重要です。

品質や作用は世界で使われていた実績があるので問題はありません。正しく、そして注意点を守れば安全なので、薬を飲んでいない方は不要に心配することはありません

不整脈や低血圧の人はバリフを服用できない

不整脈を持病である人は、バリフを服用できません。低血圧の人も血圧が不安定になり、体に負担がかかり危険が出てきます。低血圧の目安は最大血圧が90mmHg以下です。

血圧は1日の中でも上下しますが、朝が低い方などは自分で気づいていないこともあるので、念のため確認してからにした方が無難です。

また、以前バリフやレビトラなどを使用して不調を起こしたり、アレルギーがでて過敏症の経験がある人もおすすめできません。成分は体に負担だったので、また同じように反応が強く出てしまう可能性があります。

一歩間違ってしまうと深刻なダメージになってしまう恐れがあるのが、肝障害を持っている人です。肝臓は体内の異物を適度に排出やろ過する役割があります。しかし、肝臓が正常に動いていないと、バリフの成分が排出されず凝縮されるのです。

強すぎる働きずっと残り、肝臓そのものをさらに負担を加えてしまいます。アメリカの実験でも中度の肝障害の方で血液中の成分濃度が健康な人の2.5倍前後になった結果が出ています。

同じように心血管系障害で性行為を控えるように医師に指示されている場合も服用できません。性行為は心拍数や血圧を一気に急上昇させます。すると血管に強い圧迫が生じるので、場合によっては危険な状態になります。

症状が軽い場合は服用可能の場合もあるので、自分の状態を把握して医師と確認するのも大切なことです。

バリフと頭痛薬は併用してOK!でもグレープフルーツはNG

バリフは併用禁忌薬だけではなく、普段の生活の中でも注意して避けるものがあります。例えばグレープフルーツです。

グレープフルーツの中には、フラノクマリン酸という分解酵素が含まれています。この酵素の働きで薬が分解されずに、より吸収力がアップして強い作用になります。グレープフルーツが多く含まれていますが、他の柑橘類の果物にも含まれるので、注意が必要です。

また、メガリスやポゼットも、バリフと服用するのも好ましくありません。というのも似た働きの成分が入っているので、適切な成分量を超えてしまうからです。

多く飲めば強く効くというものではなく、適切な量が一番効率的に体に働くように考えられていますそのため過剰に摂取すると身体に負担をかけてしまうので、バリフと同じか似た成分の物を併用するのはやめましょう。他の薬との併用が気を付けなくてはならないことが多いですが、だからと言ってすべての薬がダメではありません。

鎮静剤として高い作用のあるロキソニンを使用するケースは珍しくありません。ロキソニンとバリフは飲み合わせの問題がなく、一緒に飲んでも大丈夫です。どちらも吸収されて聞き始める時間が同じくらいなので、むしろ相性が良いのでバリフの副作用の頭痛対策にも役立ちます。

ただし、どちらにも過敏症がないことと、ルールを守ることが前提です。また、胃薬を一緒に飲めば、胃を荒らすこともなく快適に服用できます。