バリフ

バリフは通販で買える!バリフの個人輸入の方法を解説

処方薬は、「自分が使うため」であれば、通販(個人輸入)で購入できます。個人輸入のメリットは、処方してもらうよりも安いことです。ただし、悪質サイトや偽物に注意する必要があります。

薬の通販(個人輸入)は「自分が使うために商品を輸入する」こと

バリフなどの未承認薬でも、「自分が使うため」であれば、通販(個人輸入)で購入できます

バリフは優れたED治療薬で、価格も安いです。しかし、まだ日本では承認されておらず、国内の医療機関では購入できません。とはいえ、実際にバリフを使っている人も多く、どのように入手しているのかが気になる人もあるのではないでしょうか。

少し前から、個人輸入という形での薬の入手方法が注目されています。ネット上には個人輸入代行サイトがいくつかあり、そのサイトから注文すれば手軽に注文できるのです。

インターネットからの注文なので、時間を気にすることなくいつでも、好きなタイミングで注文できます

個人輸入は、自分が使うために海外から商品を輸入するのです。そのため、転売・譲渡が行えません

個人輸入の手続きは代行業者がすべて行ってくれる、特に難しい手続きは必要ありません。

商売が目的で輸入する場合は、個人の場合は小口輸入となり、法人の場合は法人輸入となります。輸入の形によっても関税は変わってきますが、個人輸入であれば関税はかかりません

海外のサイトから直接注文する場合は、サイトの表記も外国語となっていますが、個人輸入代行サイトは日本語表記となっています。外国語が苦手な人も安心して、目的の医薬品や化粧品を購入できるのです。

個人輸入のメリット:処方してもらうよりも安い

個人輸入を利用するメリットは、まずは日本ではまだ認可されていないバリフのような薬も手軽に入手できる事です。ED治療薬は保険適用外となるので、薬の価格も決して安くはありません。

そして、医療機関で処方してもらう際には、薬の代金だけではなく診察料も発生します。性行為のたびに薬が必要になるので、何度も医療機関に足を運ぶ必要もあるのです。忙しさで病院に行く時間が取れない人も多く、ED治療では通いづらいと考える人も多いでしょう。

その点、個人輸入であれば、医師の処方箋は必要なく、医療機関に行く手間もありません。病院に行くための交通費や診察料も発生せず、処方してもらうよりも安く入手できるのも個人輸入の良いところです。

1箱からも注文可能ですが、まとめ買いを選ぶとより安くなります。注文の頻度も抑えられますので上手に利いようしていきましょう。

個人輸入が初めてという人も、一般的な通販サイトと同じようにクリックだけで注文できます。通販と同じように、欲しい商品を買い物かごに入れ、数量や支払い方法を選び注文の手続きを進めるだけです。

例えばバリフなど、使っているのを人に知られたくないという場合もありますが、中身がわからないよう梱包してくれます。郵便局留めやコンビニ受け取りを選ぶこともできますので、留守中に同居人が受け取るという心配もありません。

バリフの通販は悪質サイト&偽物に注意

バリフの通販では、安く購入できて、しかも病院に行く手間がなくなるなど個人輸入には多くのメリットがあります。とはいえ、バリフを注文する際、信頼できるお店を選ぶことが大事です。

個人輸入代行業者は良質なサービスを提供しているところもありますが、中には悪質なサイトもあり、偽物が届くこともあります。そして、薬がいつまでも届かないなどのトラブルが発生する可能性もあるのです。

自己判断で使うと思わぬ健康被害が発生することもあり、時には死亡に至る例もあるともいわれています。信頼できる代行業者を選ぶためにも、業者の情報はしっかりと調べておきましょう。所在地が記載されていても、住所を調べてみると、実際には存在しないということもあります。

怪しいと感じた場合は、注文する前に住所を確認しておくこともおすすめです。本物の薬であっても、間違った使い方をすると副作用が強く出ることも考えられるので、正しい服用方法を確認しておきましょう。

怪しいサイトの見分け方としては、まず他と比べて極端に薬の価格が安いということがあげられます。さらに、日本語表記が不自然であるサイトも注意しましょう。

サイトの更新が滞っているサイトも避けたほうが無難です。大手の信頼性の高いサイトは安心して購入できるイメージもありますが、中には大手サイトに似たサイトを作成している場合もあります。

安心して購入するためにも、会社の情報はしっかりと確認しておくことが大切です。